ソロキャンプで自分を「再起動」する

キャンプの話

hiroです。

ソロキャンプの認知度もテレビや雑誌などのメディアを通してかなり高まってきました。

最近では、ソロキャンプに対する周囲からの反応も「変わってるねー」より「流行ってるねー」の方が多い感じです。

ソロキャンプの楽しみ方やおススメ情報は、それこそ雑誌やネットに溢れていますし、それぞれ的を射ていると思います。(特に以下の雑誌は永久保存版といっていいほどソロキャンプの価値観が凝縮されています)

それでもソロキャンプの「何が楽しみで」「何が目的で」といった質問は今も結構多くて、そういう時には自分なりの言葉で答えようと心掛けています。

ソロキャンプの楽しみと目的

「焚き火を楽しみに」「自分を再起動できるので」私はソロキャンプに行きます、というのが、今のところ、一番シックリくる答えです。

キャンプをする上でこれだけは外せないものは何か」という質問への答えが、キャンプで最も重要視する事柄=楽しみなんだと思います。

人によってはそれが「家族や友人と過ごす時間」や「外で作る料理」かもしれませんし、「快適なテント」や「お洒落なギアたち」かもしれません。私の場合は、それが「焚き火」でした。なので、焚き火が制限される雨キャンプへは基本的に行きません。

「リフレッシュ」と「再起動」の微妙で大きな違い

「あー楽しかった!!よし明日からまた頑張ろー!!」
これ、「リフレッシュ」です。ポジティブな感じ。

「頭の中スッキリ。なんかテキパキと判断できる。」
これ、「再起動」です。落ち着きを取り戻した感じ。

まさにパソコンの再起動と同じです。複雑作業が長時間続き、読み込みに時間がかかったり、動作が重くなったり、最終的にフリーズした時などに行うアレ。

自分自身、日々、仕事や人間関係、家族やお金のことなどで頭を使えば使うほど、思考力と判断力が少しずつ擦り減ってくるのを実感します。そういう状態が続いてくると、最終的には新しい情報が頭に入ってこなくなります。

そんな時こそソロキャンプ。そして自分を再起動。

たまに、スマホを車の中に置きっぱなしにして大好きな音楽すら流さないキャンプをすることがあります。無意識なんですが、本能的に再起動を求めているものと思います。

「スポーツや旅行に行ってリフレッシュしたら、頭の中もスッキリするでしょー。」という意見もあるかと思いますが、なんか違うんです。この微妙で大きな違いを分かってくれる人がいると嬉しい。

再起動の条件

私が思う再起動の条件は以下です。

1. 不必要な情報が流れ込んでこない環境に身を置くこと

2. 感情の起伏が起きにくい環境に身を置くこと

3. 何も考えない or 一つのことに集中する時間を一定時間過ごすこと

特に1.が大事だと思うので、やはりスポーツや旅行とは少し条件が異なります。ただ、スポーツの中には条件の合う運動はあると思います。あと、ボウズのときの釣りとか。

しかし改めて条件を眺めるとなんか暗ーい感じがしますね。病んでるのか。そうかもしれない。
でも、ソロキャンプに行く前はすっごくワクワクしてるので病んでるとも違う気がする。

以上、2019年10月時点のソロキャンプの「楽しみ」と「目的」でした。「再起動」の話を会社でしたら、共感した同僚がソロキャンプを始めたので、記事にしてみました。

楽しみと目的は環境や年齢などによって変化していくかもしれませんし、その変化も楽しんでいければいいなと思っています。

最後までお読み頂きありがとうございました。


コメント

タイトルとURLをコピーしました