ハンモックデイキャンプ@広州

キャンプの話

2021年4月に中国に来てから約半年。

半年のうち2-3ヵ月はコロナによる行動制限で大人しくしていましたが、落ち着いてきたので行動を開始しました。

中国でもキャンプをしたい。

 

検索と探索

近年になってようやく、中国でもジワジワとキャンプ文化が浸透してきているようです。

この国はスイッチが入ったら展開が早いので、これからが楽しみなところ。

「移動して観光」より「1か所でゆっくり」 中国でアウトドアがブーム
【10月5日 CNS】中国では中秋節(旧暦の8月15日、今年は9月21日)の連休期間(9月19~21日)、多くの市民が都心から郊外へ出かけ、ピクニックやキャンプ、宿泊をして自然との触れあいを楽しんだ。

とはいえ、一人で夜を明かすのはまだまだ怖いので、まずはデイキャンプができる場所を探します。

インターネットで検索し、探索を繰り返す日々。

バスや自転車に乗って、大きな公園や川沿いをグルグル回るも、なかなか見つかりません。

 

オアシスを発見

国慶節(10/1~7)の連休中に中国アプリの口コミで穴場情報を発見。大学の学区内にあるようです。

百度地图
浏览地图、搜索地点、查询公交驾车线路、查看实时路况,您的出行指南、生活助手。提供地铁线路图浏览,乘车方案查询,以及准确的票价和时间信息。

道に迷ったりバスを間違えたりしてようやく到着しました。

おぉ、中国で初めてタープが張られている光景を目にしました。

これは良い。

 

半年ぶりにハンモックを張る

空いているところを見つけてハンモックを張ります。

ゆらゆら。

家族連れが9割、カップルが1割といったところで、見渡した感じソロはいませんでした。

本を読んだり、ラジオを聞いたり、まったりと過ごします。

気温も暑すぎず、日陰にいれば快適そのものでした。

子どもたちが楽しそうに遊んでおり、ドローンを飛ばしている光景も目にしました。

自然の中で遊ぶ楽しさは万国共通。

大学区の中にあるためか、客層がとても良いです。(中国の大学進学率はすでに50%を超えていますが、富裕層が多いのが実態)

 

ここをホームの(デイ)キャンプ地とする

家からはバスで1時間程度。

タクシーに乗れば30-40分程度(1,000円弱)の好立地です。

川が目の前にあるので、釣りも楽しめそう。(魚が釣れても絶対に食べませんが)

当面はここをホームに、釣りやデイキャンプを楽しむ予定です。

また、泊りキャンプにも調整したいと思っているので、キャンプに興味がありそうな人をのんびりと探していきます。

 

ハンモックキャンプ記事はこちら

紅葉ソログルキャンプ@樽尾沢キャンプ場(前編)
長野県樽尾沢キャンプ場にソログルキャンプに行ってきました

コメント

タイトルとURLをコピーしました