中国滞在記 (海陵島旅行③)

家族の話

中国で初めての家族旅行に行きました。行き先は広東省にある海陵島

広東省のリゾート地といえば海南島が有名ですが、それとは別の島になります。海陵島の方が広州市から近くて、小さい島なので、海南島のミニチュア版という感じでしょうか。

海南島政府観光局公式サイト

2日目の朝から帰るまでの記録です。(前回のお話はこちら

 

2日目の朝

翌朝も無事に晴れてくれました。
雨予報は一体どこへやら。日頃の行いって大切ですね。

朝ご飯はホテルのバイキングを食べました。レストランはとても綺麗。

味はまぁまぁですが、種類は豊富です。ワッフルやクレープ巻きのような料理が良い感じでした。

朝ご飯を食べていると、息子のぐらぐらしていた歯がポロリと抜けました。

記念にホテルの植木に向かってポーンと投げてきました。丈夫な歯が生えてきますように。

 

博物館ツアーに出発

朝食を食べ終わったら、博物館ツアーに出発します。
南海一号という沈没船をぐるりと取り囲んだ博物館です。

建物の形が近未来な感じで面白い。

ガイドさんの説明(日本語)が上手くて、なかなか勉強になりました。復元作業は現在も継続中です。

が、早々に飽きた息子の興味はスタンプラリーにシフト。

日本を含めて、スタンプラリーという仕組みに何度助けられたことか(笑)

 

昼食後は風車山へ

昨日と同じ海鮮中華レストランで昼食を食べた後は、風車山というところで軽いハイキング。

頂上付近では簡易テントが建っており、映え撮影に励む若い中国人カップルが多数おりました。

中国人は良い意味で恥じらいがないので、常に堂々としていますね。好きなものは好き、と言える文化はとても良いと思っています。

頂上には大きな風車と教会があります。

港の様子が一望できます。すごい数の船が並んでいました。

風車山の電動カートが不足していたため、下山に少し時間がかかりました。

帰りの道路も渋滞することなく、スムーズに帰れましたがすっかり夜になっていました。

一泊二日はあっという間なので、旅行はやっぱり2泊以上が良いですね。
とはいえ、中国での初めての家族旅行を十分に満喫することができました。

次の旅行をどこにするのか、今から楽しみです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

中国滞在記 (海陵島旅行②)
端午節を利用して中国で初めての旅行に行ってきました。目的地は海陵島。一応、中国のハワイと呼ばれています。現地の不動産屋さんが手配してくれた日本人向けのバスツアー。安心安全で快適な初旅行となりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました