UCOキャンドルランタンをオイル仕様にカスタムする【DIY】予算5千円

キャンプの話

ヘリノックスチェアの購入をDIYで回避し、浮いた資金でUCOキャンドルランタンを購入。

これもずっと欲しかったギアなのでとても嬉しい。

今回は、UCOキャンドルランタンを簡単にオイルカスタムして、より魅力的なギアに進化させます。

DIYとは呼ぶには簡単すぎて恐縮ですが、誰かのお役立ちになれば幸いです。

 

UCOキャンドルランタン

名前の通り、本来の設計はキャンドル(ろうそく)ランタンです。

しかし、メンテの手間とコストを考えるとキャンドルは少しスマートとはいえません。

オイル仕様にできるとコストが下がるだけでなく、ハリケーンランタンとも燃料が統一できるので管理が楽になります。

 

準備するもの

  1.  UCOキャンドルランタン
  2.  S&Bあらびきコショー(ダイソーにて100円)
  3.  LUNAX MINI(ルナックスミニ)MGT-4
  4.  ゴムテープ

UCOキャンドルランタンはタイミングが良かったので、約4千円で購入。

LUNAX MINI(ルナックスミニ)は、パラフィンオイルセット&送料込みで約2千円。

本体だけなら1千円で買えるので、実質は約5千円でオイルカスタムが可能になります。

UCO(ユーコ) キャンドルランタン ブラス 24350

感想(1件)

 M4 芯 300 オイル 【替芯付】【300mlオイル 4時間タイプセット】 ムラエLUNAX MINI ルナックスミニ MGT-4タンク UPS583-200【RCP】

感想(45件)

1.  コショーの容器を洗い、ランタンの口金を準備します。

    

並べてみるとコショーの容器とキャンドルのサイズ感がほぼ同じですね。

 

LUNAX MINIの口金も真鍮なので、UCOとの相性が抜群。

パラフィンオイルもゴールドで合わせてみました。ちょうどオイル容器も欲しかったので一石二鳥。

使い切ったら灯油用の容器にしようと目論んでいます。

 

2. 口金の部分が少し緩いのでゴムテープを巻いてサイズを合わせます。

LUNAX MINI MGT-4の口金をコショーの瓶にセットしましたが、少し緩いですね。

「S&Bの山椒」瓶(約300円)がシンデレラフィットらしいのですが、近所のスーパーに置いてなかったのでコショーの瓶にしてみたのでした。

といっても少し緩いぐらいなので、ゴムテープで嵩増しすればなんとかなりそう。

 

 

ぐるぐるぐると、巻いていきます。いい感じに太くなりました。写真を取り忘れましたが、ガラス芯が短いので、最初にセットされていたものと予備用の芯とをセロテープで繋げました。

 

3. 使ってみる。

よし、バッチリです。リビングでたまに開催されるランタン晩酌が更に捗りそう。

 

キャンプでも使ってみる。

すごく良い。デイツくんとユーコさんでカップルになった感じ。これから末永くよろしくお願いします。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました