ソログル感謝キャンプ@青根キャンプ場(前編)

キャンプの話

21年4月から仕事の関係で海外に赴任することになりました。

キャンプができるような国ではないので、不本意ながらキャンプは一旦お預けとなります。

赴任準備でバタバタしていたので最後のソロキャンプの記事は、隔離中のホテルで書いています。
楽しい記憶が蘇ってきて、ウズウズします。

 

出発

今回のキャンプ地は初の青根キャンプ場

サイトは早い者勝ちということで、早めに出発。

追加の買い物もあり、到着したのは7:30で17番目でした。
(かなり空いている方みたいです)

(行きも帰りも、毛並みの良い鶏が散歩していました)

 

 

設営

キャンプ仲間が前日の深夜や早朝から並んでくれていたおかげで、べスポジを確保することができました。

本当にありがたい。感謝しかありません。

広場を囲んで、それぞれの秘密基地を設営していきます。

 

ブランチタイム

設営が落ち着いたら、ブランチにします。

今回も大好きな野外パスタ。メスティンだけで作っていきます。

はぁ、本当に美味い。

雰囲気効果でイタ飯屋のパスタと良い勝負。

 

おもてなしタイム

各自の設営やブランチがひと段落すると、お裾分けタイムが始まりました。

なんで皆さんこんなに料理が上手いんですか。お酒が進みます。

キャンプ仲間が自宅の山から持ってきた丸太も差し入れてくれました。

みんなで薪割りをして遊びます。一つは巨大スウェーデントーチになりました。

 

大人のおやつタイム

朝一で来たので時間がたっぷりあります。

おつまみを作りながら、ひたすらお酒を楽しみます。

最近、カブ(蕪)の美味しさに気づかされました。苦みのある葉も大好物になりました。

ホットサンドメーカーで弱火でじっくり焼くと、実がトロトロになります。

塩少々、もしくは醤油を垂らして食べると抜群。

厚切りベーコンも焼いちゃいます。

ホットサンドメーカーは健全な大人のおもちゃ。

 

続く

コメント

タイトルとURLをコピーしました