ハンモックソロキャンプ@野営地

キャンプの話

久しぶりにソロキャンプに行ってきました。

ファミキャンや大人数のソログルが続いていたので、純ソロは実に4ヵ月ぶり。

ウキウキソワソワして前日の眠りが浅かった。

大人になっても遠足前は興奮するものです。

 

出発

場所はホームの野営地。

道路が空いていたら1時間弱。渋滞してても1時間半で着く好立地です。

妻や子ども達とのスキンシップを一通り堪能して10時前にダラダラと出発。

途中のスーパーで食材やお酒を調達して現地に向かいます。

 

到着

少し渋滞につかまってしまい、現地着は13時前になってしまいました。

すっかり秋の景色。これはこれで良い。

ウロウロしながら本日の設営地を物色。

それほど混んでいないけど、良ポジはやはり埋まってますね。

 

設営

ハンモックさえ張れれば良かったので、通りが見渡せる場所にさくっと設営しました。

雲マーク一つない予報だったので、本日はタープなしの丸見えスタイル

 

昼食

腹ペコだったので、カキフライ弁当が五臓六腑に染みわたります。

ご飯を食べ終えたらコーヒー飲んで一服。

野外モンカフェで心の洗濯。

 

薪割りとファットウッド

前日に息子と公園を散歩しながら、焚火に使えそうな木を集めて持ってきていました。

ノコギリで切ってみると、黄金色の輝きが。

これはもしやファットウッドか?

やはりいい感じのファットウッドでした。原木から見つけたのは初体験。ナイス息子。

前回のキャンプはずっと雨だったので、今日は心置きなく焚火を満喫します。

ウッドストーブもスタンバイOK。

これでチマチマ遊ぶのが何気に楽しいのです。

火遊び準備は万端。日が少し落ちてくるまで、ハンモックでゴロゴロ休みます。

気付けば周囲にもソロの人が増えてきました。軍幕に薪ストーブかっこいいなぁ。

ジロジロ見てはいけないと分かりつつ、人のサイト観察はやめられない。

 

焚き火タイム

待ちに待った焚火タイムです。

ウッドストーブで遊びながら種火を作り、UCO焚火台に種火ごと移して本陣の焚火を楽しみます。

再びお腹が空いてきたので、調達してきた食材を消化していきます。

焚き火と刺身のミスマッチ感が好き

定番のホルモンもいっちゃいます。

ソロだとそれほど食べられないので調節も大事なポイント。

今回もチキンラーメンで〆。お湯やスープの残りに放り込むだけなので手間いらず。

各々が自分の焚火と向き合って、思い思いの時間を過ごしています。

この雰囲気が堪らなく好きなんです。

 

5時には目が覚めたのでトイレに行きがてら散歩をします。広場は結構ガラガラ。

1時間後には雨が降りそうだったので、カップラーメンを食べてささっと撤収します。

タープなしなので、本当にあっという間に撤収が完了。

ファミキャンが続いていただけに、ソロの設営撤収の手軽さに改めて感動したキャンプとなりました。

 

おしまい

コメント

タイトルとURLをコピーしました