2020年キャンプ納め@野営地

キャンプの話

2020年の年末は、緊急事態宣言の再発令により実家への帰省を断念。

年越しキャンプへの強い憧れがあったものの、大晦日から記録的な寒波が来ると聞き、へたれキャンパーとしては、寒波が来る前にキャンプ納めをしようとホームの野営地に向かったのでした。

 

出発

今回は、とことんのんびりしようと思っていたので早めに出発。

視界がドカーンと開けるこの瞬間が最高です。

 

到着

道路は空いており、11時過ぎには現地到着。

おぉ、結構な込み具合。

奥にはファミキャン組が多数おり、家族で冬キャンプを楽しんでいました。

12月29日の冬真っただ中に、下半身裸の幼児がストライダーで駆け回る姿は結構シュールでした笑

 

設営と昼食

雨は降らない予報でしたが、風が少しあったのでタープも張ることにしました。

20分くらいで設営完了。ソロ&ハンモックは本当に楽ちん。

小腹が空いてきたので早めのお昼にします。今年最後の野外パスタ。

今回もクッカーは兵式飯盒のみ。

炒め物も茹で物もこれ一つで完結します。

少し豪華に帆立も加えました。エリンギとベーコンの帆立たらこパスタ。

はー、美味しい。

具沢山にすると一人前の麺でもしっかりお腹が満たされます

 

散歩とコーヒー

お昼を食べたらコーヒー片手に川沿いを散歩。

小川沿いは意外に空いていました。

夜が冷えるので、冬は川の近くでは張らない(へたれ)主義。

薪ストが映えるなあ。

テントから煙突が出ているとやっぱり格がひとつ違うような感じがします

 

ミニスウェーデントーチ

キャンプ仲間にもらったミニスウェーデントーチを使ってみました。

着火した牛乳パックの端材を切れ目に放り込んで放置するだけで安定します。

地味にめちゃめちゃ楽しい。

眺めているだけでお酒が進みます。

ソロキャン仲間が来てくれたので、ホットワインのお裾分けを頂きながら、キャンプ談議を楽しみました。

 

夜も4~5℃をキープしていたので、快眠できました。

ハンモック+アンダーキルト+ホッカイロ+ノーマル寝袋の装備で0℃くらいは十分対応できます。

 

朝食

今回の朝食はかぼちゃのほうとう。

関東に住んでからほうとうが大好きになりました。

兵式飯盒に水と合わせて茹でるだけ。

野菜の余り物も放り込んでしまいましょう。

思ったより美味い。リピート確定です。

 

ゆったりとソロキャンプ納めをすることができました。

 

おしまい

コメント

タイトルとURLをコピーしました