親子が一緒に過ごせる時間は実質9年間

家族の話

子どもが可愛すぎて

これ以上大きくならずにこのままでいて欲しいとさえ思ってしまうことがあります。

 

親子が一緒に過ごせる時間

睡眠時間や勤務時間、通勤時間を除いた時間で換算した場合、働く母親や父親にとって、親子が一緒に過ごせる時間は、生涯を通してたったの9年間ほどだそうです。

しかも9年間のうち、小学校へ上がるまでに35%、小学校を卒業するまでには55%を使ってしまい、高校を卒業するときには70%まで使ってしまっているそうな。

親子に残された時間

また、ある大学教授の試算によると、

親と別居している場合、親子に残された「時間」は、親の余命年数×1日となるそうです。

例えば、父親が現在65歳で平均寿命の80歳まで生きるとすると、父親の余命年数は15年。余命年数が15年の場合、あと15日間=360時間しか、親と接することはできないという計算になります。

※参照元:はなブログさん

いつでも会える、いつでも遊べるとは思わず、

できるだけ一緒に、いろいろなことを経験したいと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました