息子の優しさ

家族の話

息子が可愛くて仕方ありません。

現在、4歳の息子と2歳の娘がいます。

自己主張が増してきた娘は、お兄ちゃんのオモチャを横取りしたり、食べ物をシェアしなかったりと、独占欲全開になってきました。

息子は辛抱強く耐えてくれますが、やはり時には泣いてしまうことも。

そういう時には娘を叱りつけますが、叱られた娘がさらに駄々を捏ねて泣きだしたりすると「もうやめろ!」と逆に息子から怒られてポコポコ叩かれたりします。

そんな息子の姿をみていると、なんて良い子に育ってくれてるんだろう、と泣きそうになります。(親バカ全開)

他人の痛みが分かる人間になって欲しい、と切に願っていますが、今のところは100点満点。そういう育て方をしてくれている妻にも心から感謝しています。

一方で、他人の痛みが分かりすぎて損な役回りばかりしないか、世の中の不条理にどこかで絶望してしまったりしないか、少し心配にもなります。

息子の真っ直ぐな心は出来るだけそのままに、うまく世間の荒波を渡っていけるような知恵を授けたい。

息子に心の洗濯をしてもらいながら、いろいろなことを考えさせられました。

(補足)
私を怒る息子を「全力で煽る娘」の姿を見ながら、この子の優しさの発芽も願いつつ、成長を楽しみにしているのでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました